Index  私と函館ライフスポーツ  
      
 
 寄稿 「私とスキー」      比 山 泰 子  さん     
           
         
         
         
   「私とスキー」      
         
  比 山 泰 子     
         
 

九州から北海道に移り住んで、早や10年目が過ぎようとしています。始めの2・3年は、

まるで違う世界にでも来たような、興奮と驚きの楽しい日々が流れました。

 落ち着いてきたころから、現実に引き戻され、いろいろな面での戸惑いが始まりました。

特にこれまでにはなかった冬の過ごし方をどうする!? とかくうつ傾向になりやすい冬の

間の楽しみ方を模索していたところ、ライフスポーツへの入会のお誘いがありました。スポ

ーツの経験が全くないままに歳を重ねてきた私は、憧れだけで入会しました。

 入会して最初の講習を受けたとたんに「しまった!」「靴も履けない・歩けない・板の前後

もわからない」 とにかく強烈なカルチャーショックを受け、これから先一体どうなるんだ

ろう〜と・・・

 2回目の講習では、初めてのリフトに乗り、コケるばかりの一日。

 3回目の講習ではゴンドラに乗り、七飯スキー場の山頂駅を降りたときは夢のような素晴

らしい雪景色! 「ああ、このまま良い気持ちのまま逃げて帰りたいなぁ〜」と思ったもの

です。

 それからというものは恐怖との戦いで、毎年毎年「駄目かなぁ〜」「無理かなぁ〜」と。

「でも今年だけ頑張ってみよう」と、自分に言い聞かせながら回を重ねて7年目?

 技術向上は二の次にして、「始めたからには自他ともに納得できる辞め方をしたい。そうす

れば、いろいろな意味で前に進める」と秘めた思いで頑張ってきました。

 昨年、いよいよその時がきたのかなぁと半分脱会することも考え始めました。ところが、

幸か不幸か(?)コーチの方々の「スキー板が悪いなぁ」との声を聞き、この先どうなるか

わからないと思いながら、新しい板を購入しました。板を買えば一度でも新しい板で滑って

たい、と欲が出て結局今年度も参加することに・・・

 相変わらず怖い思いはありますが、心から楽しい気持ちも出てきて、「何か変わり始めたの

かなぁ〜」と感じる一冬でした。

 やっと大きな一息がつけて、ふと我に返った時、コーチの皆さんや会員の皆さんの顔が浮

かび、心から感謝の気持ちでいっぱいになりました。

 これからはスキーを「少し楽しみたい」と思います。


 夢にもみなかったプレゼントをありがとうございました。これからも頑張りますのでよろ

しくお願いします。

 
   
           
         
           
      
     
 
   
   
     
     
   
     
     
     
     
     
   
   
   
     
     
     
   
     
     
   
     
     
   
     
     
   
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
                           
                           
                           
                           
                  
inserted by FC2 system